写真が映える(ばえる)ように100均素材でフォトジェニックシートを自作する

工作

このサイトでは、広告チラシかごの撮影などに自宅の床を使用しているのですが、場所によっては床に凹みがあったり、埃があったりであまりイイ撮影場所とはいえません。

何か良い方法はないものかと思っていたところ、Twitterでドンピシャな情報をキャッチしました。

260
260

実は、ダイソー・セリア・キャンドゥのそれぞれに写真撮影用のシートは売っています。但し、サイズがA4(セリアはB4)と比較的小さいので、まるきさんの真似をして作ってみました。

スポンサーリンク

準備するもの

  • PPシート
  • リメイクシート(大理石柄ホワイト)
  • プラスチックスクリーパー
  • カッター
  • 定規
260
260

全てダイソーです。

フォトジェニックシートの作り方

まずPPシートとリメイクシートを袋から出します。

260
260

PPシートを横にして、一番左端からリメイクシートを貼っていきます。

PPシートの方が高さは長いですが、リメイクシートの方は幅があります。

リメイクシートはシール状になっているので、裏側の透明フィルムをはがしながら、PPシートにプラスチックスクリーパーを押し当てて貼り付けていきます。

260
260

波打ってる部分もスクリーパーで強く抑えながら貼り付けていくと、案外うまく貼れます。

260
260

リメイクシートをPPシートの最後まで貼り終えたら、余った部分をカッターで切り離します。

PPシートも余った部分をカッターで切り離します。

260
260

これで完成です!

案外簡単にできました!!

自作フォトジェニックシートを使用前と使用後

フォトジェニックシート使用前

260
260

床で撮影するとどうしても生活感が出てしまいます。

フォトジェニックシート使用後

260
260

同じ広告チラシかごでも、映え(ばえ)が全然違いますっっ!!

まとめ

260
260

これで床の凹みや埃に気にせず撮影ができます。

しかも我が家には存在しない大理石調で格式高い写真が撮れそうです。

材料費だけであれば220円で大き目のフォトジェニックシートができちゃうので、是非皆さんも自作してみてください!

工作
スポンサーリンク
\ この記事をシェアする /
\260をフォローする/
JIRO FACTORY
タイトルとURLをコピーしました