広告チラシかごの仕上げ方(ニス塗りの方法)

広告チラシかご

ニスを塗らないと、チラシが丸見えになってしまい、どうしても安っぽくなってしまいます。
ニスを塗るのと塗らないのとでは、仕上がりが全然違います。

スポンサーリンク

ニス塗りに必要なもの

仕上げ編(ニス塗りの方法)

材料

  • 油性ニス

道具

  • ニス入れ(ヨーグルトの容器等)
  • ハケ
  • コーヒースプーン
  • ビニル手袋
  • 新聞紙

ニス塗りは、風のほとんど吹いていない天気の良い日に屋外で行います。

 
260
260

ニスを室内で塗ると、ニスの強烈な匂いが部屋中に充満して、換気してもなかなか匂いが取れないですし、体にも良くないと思うので、ニス塗りは屋外で行った方が良いでしょう。

260
260

ちなみに、260は以下のニスを使用しております。

ニス塗りの手順

新聞紙の上でニスをヨーグルト等の容器に移します。

260
260

ニスを移すとき、柄の部分をお玉のように少し曲げたコーヒースプーを使うと、こぼさず移せて便利ですっっ!!

ビニル手袋をして、 ハケでニスをカゴの内側から塗っていきます。

260
260

カゴの外側を先に塗ってしまうと、内側を塗る時にどうしても塗った外側を触らなければなりません。そして、触ってしまうと仕上がりが悪くなるので、最初に内側を塗った方が良いです!

外側を塗って、乾いたら完成です!

260
260

完全に乾くまでニスの匂いがきついため、2~3日、乾かした方が良いでしょう。

260
260

ニスを二度塗り三度塗りすると、ニスの色が濃くなって、出来ばえもより良くなります。

タイトルとURLをコピーしました