超簡単!お家時間を豊かにする広告チラシかご作り>>

広告チラシかごの色んな仕上げ方

広告チラシかご

チラシかごを仕上げる際、このサイトでは大体油性ニスで仕上げています。
しかし、油性ニス以外にも色んな仕上げ方があります。
それぞれの仕上げ方について、長所・短所があるのでまとめてみました。

スポンサーリンク

油性ニス

長所
  • きれいな仕上がりになる
  • 浸透するので細かいところも塗りやすい
短所
  • 匂いがきつい
  • 塗った後2~3日匂いがとれない
  • 屋外作業
[アサヒペン公式]油性オイルステイン 300ml
アサヒペンストア楽天市場店

水性ニス

長所
  • 匂いが少ない
  • さらさらしているので塗りやすい
  • 100均で買える
短所
  • 色が薄い

アクリル絵の具

長所
  • 手軽に塗れる
  • 乾くのが早い
短所
  • タテ芯とアミ芯が交差するところなど塗り残しが発生しやすい
  • うっすら広告の文字が見えてしまう

スプレー

長所
  • めちゃめちゃ早く塗れる
短所
  • タテ芯とアミ芯が交差するところなど塗り残しが発生しやすい
  • 塗り残しの塗りなおしは、塗る箇所が乾いてからでないとできないので面倒
  • うっすら広告の文字が見えてしまう

チラシかごの仕上げ方のまとめ

いかにも『かご』っぽくなるし、塗り慣れていなくてもそれなりに様になるので、やはり油性ニスが一番使いやすいと思います。

260
260

ただし、気長に何度も重ね塗りできる方であれば、スプレーもいいかもしれません。

タイトルとURLをコピーしました